注意 2018年5月31日以降、connpassは、TLS 1.1以降でのみ、接続が可能となります。くわしくはこちらをご確認ください。

お知らせ FacebookAPIの仕様変更により、ユーザプロフィールのFacebookリンクが廃止されました。ご不便をおかけしますが、何卒ご了承下さい。

このエントリーをはてなブックマークに追加

7月

18

StudyCode #4 電子署名と契約

2018/7/18 おいしいものスポンサーはいつでも歓迎

主催 : StudyCode from Smips

ハッシュタグ :#studycode
募集内容

エンジニア枠

1000円(前払い)

先着順
13/40

法律家枠

1000円(前払い)

先着順
12/40

一般教養枠

1000円(前払い)

先着順
8/30

メディア・フリーライター・ブログ枠(要事前連絡)

無料

先着順
2/5

予約者枠(この枠は事前にご依頼させて頂いたスピーカーの方に限らせて頂いております)

無料

抽選(2018/07/18)
0/4

前払いについて

前払いについての連絡先:

(参加者にのみ公開されます)

キャンセル・参加費用の払い戻しについて主催者からの説明:

キャンセルの場合、払い戻しはできません。ご了承ください。

イベントの説明

エンジニアと法律家のための勉強会 #4 電子署名と契約

「エンジニアも、法律家も、お互い'Code'を武器に仕事しているのだから、もうちょっと仲良くなれないかな…!」
※エンジニアにとっては、'プログラムコード'のこと。法律家にとっては、'条文’のこと。

エンジニアは、時々、これって法律的にどうなのだろうと思ったりしませんか?
法律実務家は、時々、判例や事例で、これってどういう仕組みで動いているのだろうと思ったりしませんか?

この勉強会StudyCodeでは、エンジニアも法律家も関心があるテーマを取り上げ、中高生にもわかるような噛み砕いたショートセッションを互いにすることでお互いに学びある会とすることを目指します。


第4回目は電子署名と契約

紙の書類ではなく、データでやり取りして契約締結までしたいが、どのような手段を使えば有効な契約書と認められるのか
日本独特のハンコ文化は海外ではどのようにみられているのか、また日本国内においてもハンコではなく電子署名で契約成立となるのか
今どき話題のクラウド上での契約書類の締結は海外ではどのように見られているのか。印紙税の節約以外にメリットはあるのか
ベンチャー企業も大企業も何かの時に守ってくれる契約書であってほしいのはみな同じ。ではその契約書の法制度がいかなる方向性へ進んでいるのか、また現代の最新技術でどこまでHackされているのか

そこで今回は、互いが日ごろ接している「電子署名と契約」について紹介いただき、
エンジニアと法律家が語り合える共通認識の形成に役立てば、と考えています。

※StudyCodeは、月1回のペースで政策研究大学院大学で行われている「知的財産マネジメント研究会:Smips」を運営しているオーガナイザーのスピンオフ企画として生まれました。
分野の壁を越えて、エンジニアと法律家が仲良くなりビジネスにもつながる可能性あるコミュニティとなることを目的としています。


対象

エンジニア=SIer、webエンジニア、デザイナー含めcodeをかいたりマネジメントしたり、広く技術に携わる人。

法律家=弁護士・弁理士・行政書士をはじめとした士業、法務部関係者、官公庁勤務など広くcode(法律)を使ってお仕事をしている人。

アカデミアの方技術にご興味あるビジネス側の方の参加も歓迎しています。


今回から交通費スカラーシップ制度始めます。

「いつも東京でしか勉強会がない」

そんな嘆きにStudyCode。毎回3人まで交通費MAX1万円まで実費補助します!

適用条件 ・30歳未満(参加当日身分証明書を拝見)
・乃木坂駅から半径100キロ以上離れた場所からの参加
・本会参加後、地元に帰って参加報告会を1か月以内に開催する or 1週間以内にブログを書く
(報告会の参加者数は問いません、開催することが大事)
・参加費の1000円はお支払いお願いします。
・交通費の清算は参加当日、事前に申告あった交通費の領収書を見せてください。

なおこの制度は適宜見直しながら続けていく予定です。


懇親会でのLTも募集します

テーマにまつわる開発や法律にまつわることであればなんでもOK!5分程度でおまとめください。お申し込みの際のアンケートにテーマを添えてご希望の旨お知らせください。希望者多数の場合には選考となります。

会場

株式会社LIFULL 東京都千代田区麹町1-4-4 8階セミナー会場 https://lifull.com/company/


タイムテーブル

時間内容
19:00開場
19:15StudyCodeについて by @parrotJPN(StudyCode)
19:20株式会社LIFULLさんから会場スポンサートーク by 松坂 維大さん
19:25ドキュメントプロセスの劇的な変革を牽引する電子サインの可能性〜 Adobe Signのご紹介 〜 by アドビシステムズ 昇塚淑子さん
19:45契約書バトルと電子契約と(仮))by 弁護士ドットコム株式会社 弁護士 丸山修平さん
20:05AI契約レビュー「AI-CON」を支える技術と弁護士 by GVA法律事務所/AI-CON 弁護士 山本俊さん
20:25ブロックチェーンと契約書 - Agrelloを題材に(仮) by blockhive 三國 慎さん
20:45今日のまとめ by @MasatoshiAdachi (StudyCode)
20:50懇親会&LT
21:50撤収


どちら側も互いに学び教えあう勉強会ですので、積極的な発言を歓迎します。

ショートセッション後はざっくばらんな懇親会のお時間がありますが、個別具体的な開発相談や法律相談はNGとさせてください。

情報発信大歓迎!Twitter実況や参加ブログ、楽しみにしています。

ハッシュタグは #studycode オフレコに関しては適宜登壇者よりお伝えします。

懇親会費用は参加費によりまかない、お飲み物(含むアルコール)と軽食をご用意します。

※受付にてお名刺を1枚いただきます。名刺がない場合はお名前・メールアドレス・所属をご記入いただきます
※営業・リクルーティング目的での参加はご遠慮ください。見つけたら出禁にします。

メディア・フリーライター・ブログ枠につきましては事前に主催者へご連絡ください。
hidemi@yc5.so-net.ne.jp

子連れ歓迎です。ただしもしぐずったりした場合には対応してください。
登壇者・スタッフ枠での申し込みは運営からご連絡します。

追記:飲食の用意がありますので極力事前支払いにご協力いただきたいのですが、PayPal支払いできないの方は上記へ事前にご連絡ください。


StudyCodeではテーマ設定や運営に協力してくださる方を募集しています。できる範囲で構いませんのでご興味ある方は主催者Twitterへご連絡ください

資料 資料をもっと見る/編集する

資料が投稿されると、最新の3件が表示されます。

フィード

HidemiArai

HidemiArai さんが StudyCode #4 電子署名と契約 を公開しました。

2018/06/14 10:08

StudyCode #4 電子署名と契約 を公開しました!

グループ

開催前

2018/07/18(水)

19:15
22:00

イベントに申し込むには
ログインしてください

開催日時が重複しているイベントに申し込んでいる場合、このイベントには申し込むことができません

募集期間
2018/06/14(木) 10:08 〜
2018/07/18(水) 22:00

会場

株式会社LIFULL

東京都千代田区麹町1-4-4

参加者(35人)

Tetsuro KITAJIMA

Tetsuro KITAJIMA

StudyCode #4 電子署名と契約 に参加を申し込みました!

kumajoi motoyama

kumajoi motoyama

StudyCode #4 電子署名と契約に参加を申し込みました!

κ

κ

StudyCode #4 電子署名と契約に参加を申し込みました!

柴雑種

柴雑種

StudyCode #4 電子署名と契約 に参加を申し込みました!

dandan001

dandan001

StudyCode #4 電子署名と契約 に参加を申し込みました!

ichihashi

ichihashi

StudyCode #4 電子署名と契約 に参加を申し込みました!

hiro

hiro

StudyCode #4 電子署名と契約 に参加を申し込みました!

fnifni

fnifni

StudyCode #4 電子署名と契約 に参加を申し込みました!

Takamasa Mikuni

Takamasa Mikuni

StudyCode #4 電子署名と契約 に参加を申し込みました!

参加者一覧(35人)